ストレスでハゲるのは本当だった!

ストレスでハゲるのは本当です。ストレスは抜け毛や薄毛に大敵な存在です。強い精神的ストレスを抱えてしまった場合などは局部的にひどい脱毛が起こることもあります。ストレスによって自分の細胞を攻撃してしまうのです。

円形脱毛症などはストレス性の脱毛として広く知られていますね。その他にも、一見男性型脱毛症や、老人型脱毛症、びまん性脱毛などと思われる脱毛であっても、その原因の中にはストレスも含まれている事が多いのです。

男性型脱毛症AGAは男性ホルモンや遺伝子が影響しているとされる脱毛ではありますが、その脱毛を進行させてしまう可能性があるのがストレスです。

ストレスにより、イライラしたり、不眠が起こってしまったり、食欲不振や代謝の低下が起こると、脱毛を促進し育毛を阻害します。

老人性脱毛もびまん性脱毛もその他の脱毛も、これらの理由によって、ストレスがその進行を促してしまうのです。不規則な生活習慣やアンバランスな食事などによっても脱毛は起こりますが、それらと同時に影響しているのがストレスと言われています。

ストレスは心や体に強く影響をもたらすので、なるべくストレスを溜めない生活を心がけたいですね。

市販の育毛剤のデメリット

ドラックストアなどに行ってみると、育毛剤というのはとても多くの種類が販売されていますよね。いったいどれが良いのかというのはなかなか分からない。と思っている方もいると思います。

育毛剤には実はいろいろな種類があり、その効果についてはそれぞれの育毛剤によって異なってきます。実はここに、市販の育毛剤にはデメリットが存在しています。多くの人は、自分がどうして薄毛になってしまったのか、抜け毛が多くなってしまっているのか。

という原因は知らない状況にあります。

その原因が分からない状況で、自分に合っている育毛剤を、この多数ある市販品の中から選ばなければならないというのは、とても難しいことになります。育毛剤によっては、育毛剤の効果が表れる原因以外の場合には、効果が実感できない。

というケースがあります。つまり、自分の薄毛の原因と、育毛効果が現る原因が合致しなければ、どんなに育毛剤を使っても全く意味がないものになってしまいます。それどころか、逆に薄毛が進行してしまう可能性もあるんですよ。これは大きなデメリットですよね。